Posted by on 12月 1, 2015 in メディア掲載情報

神奈川県茅ヶ崎市にある組紐工房「偕可園」4代目の児島有子さんが、12月2日朝8時からテレビ朝日で放映される「羽鳥慎一モーニングショー」に出演されました。

「羽鳥慎一モーニングショー」内の「継ぐ女神」コーナーで、宇賀なつみアナが児島有子さんの工房を訪問し、製作中の様子や作品を紹介しています。

http://www.tv-asahi.co.jp/m-show/dailysegments/megami

テレビ朝日|モーニングショー 日替わりコーナー「情熱を未来へ 継ぐ女神」

組紐師 児島有子さんの手によって組まれた帯締は、確かな組紐の技術と独特の色彩センスに定評があり、和小物さくらでも創業時から帯締の制作を依頼しています。現在では和小物さくらが扱う帯締の大半が、児島有子さんの手によって作られたものとなっています。

組紐工房「偕可園」は、初代の廣岡平七によって昭和8年に東京で設立されました。それ以来、初代の出身地伊賀に伝わる「高麗組紐」の伝統技術と「江戸組紐」の粋なデザインや色彩を取り入れた組紐を生み出してきました。

組紐工房「偕可園」は昭和22年に神奈川県茅ヶ崎市へ移転し、現在では4代目にあたる児島有子さんが代々の意思を受け継ぎ、組紐技術の伝承とデザイン・染めの研究を続けています。

「継ぐ女神」児島有子さんの放映日は12月2日朝8時、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」でご覧いただけます。テレビを通じて、児島有子さんの明るく気さくなお人柄と、代々受け継がれてきた組紐工房「偕可園」の確かな技術に触れてください。